PERSIAN CARPET

数寄の絨毯 ppckm.net がお届けする

ペルシア絨毯情報

数寄の絨毯セレクト/超がつくほどお買い得と思える手織り絨毯のご提案

自慢の逸品「メジャー産地のペルシャ絨毯」

ペルシャ絨毯のブランド産地として高く評価されているメジャーな絨毯産地の中からお買い得と思える作品をセレクトして、ご提案させていただくコーナーです。

​<メジャー産地とは>

9059|カーシャーン(カシャーン)連花葉楽園文様絨毯|約211x134㎝

33247-94/カーシャーン(カシャーン)連花葉楽園文様絨毯

約211x134㎝

​¥305,000(税別) | 送料無料・30日間返品保証

KASHAN

赭色(そほいろ/やや暗めの赤)のフィールドに対して、メインボーダーの濃紺が美しいコントラストを成す…カーシャーンのアフシャーン絨毯。躍動する蔓文の間には番(つがい)の鳥が数羽、左右対称に描かれている。イランでは花や樹木が表現主題で、鳥はそこに集う楽園の象徴物として登場することが多く、本作もそうした表現に添って制作された楽園図絨毯と見なされる。

 

ペルシャ語でドザールと呼ばれる部屋敷きサイズの絨毯で織り密度は1㎝角に6×6=36kn(ノット)。ペルシャ絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと40RAJ相当、それほど密な織りではないが、巧みに文様が織り込まれている。カーシャーンらしい技術の高さを示しているような作品である。

9060|カーシャーン・メダリオン・コーナー文様絨毯|約207x132㎝

33239-140/カーシャーン(カシャーン)メダリオン・コーナー文様絨毯

約207x132㎝ ※作品No,9084とペアで制作された絨毯

¥368,000(税別)| 送料無料・30日間返品保証

KASHAN

カーシャーン(カシャーン)は古くから工芸の街と称され、陶芸をはじめ染織、絹織物など、傑出した手工芸の技術を誇ってきた。絨毯制作においても、王室の絨毯工房が設置された16世紀サファヴィー朝以降、つねに主導的役割を果たしてきた。深い味わいをもつ赤と濃紺を主色に、落ち着きのある中間色を交えて織り上げられた本作も、こうしたカーシャーン(カシャーン)の優れた伝統を受け継いで制作されたペルシャ絨毯の逸品と見受けられる。

 

図柄はゴルアーン(コーラン)の表紙の装丁に由来するといわれる伝統柄のメダリオン・コーナー・デザイン。制作年代は1980年代。サイズは207x132㎝。織り密度は1㎝角に6×6=36kn(ノット)。ペルシア絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと40RAJ相当で、上質な調度品絨毯に位置付けられる。カーシャーンらしい技術の高さを披露している優品で、複雑な文様が正確に織り込まれている。

9084|カーシャーン・メダリオン・コーナー文様絨毯|約207x134㎝

33245-138/カーシャーン(カシャーン)メダリオン・コーナー文様絨毯

約207x134㎝※作品No,9060とペアで制作された絨毯

¥374,000(税別)| 送料無料・30日間返品保証

KASHAN

ワインレッドのフィールドが印象的なカーシャーンのメダリオン・コーナー・デザインの絨毯。ヴァランスよく中央に置かれたメダリオンは上下・左右にその装飾の触手を伸ばし、中央集中的・相称的中核ともなっている。フィールド内はバルメット花文で埋め尽くされ、コーナーの四隅にはメダリオンと異なった形象でカルトゥーシュとアラベスク花文のワンポイントでスパンドレル(三角間)を形成している。

 

伝統的なメダリオン・コーナー・デザインの王道を確保した…カーシャーンらしい様式美をもった絨毯で制作年代は1980年代。サイズは207x134㎝。織り密度は1㎝角に36kn(ノット)。作品番号9060-140とのペアで制作されたものと見られるが、こちらの作品のほうが2㎝ほど縦長に制作されている。このあたりが2​点として同じものがないといわれる手織り絨毯の面白いところかも知れない。

9066B|カーシャーン(カシャーン)・メダリオン・コーナー文様絨毯|約208x135㎝

33243-145/カーシャーン(カシャーン)メダリオン・コーナー文様絨毯

約208x135㎝

​¥379,0000(税別)| 送料無料・30日間返品保証

KASHAN

いまからおよそ60年前の1950年代初頭に制作されたと見られる絨毯で制作地はカーシャーンとされている。サイズは約208x135㎝。ペルシア語でドザールと呼ばれる部屋敷きタイプの絨毯で、織り密度は1㎝角に36kn(ノット)。同クラスの絨毯と比較して評価額は若干高めとなっているが…これは制作されてから50年以上というオールドのヴィンテージ評価が付加されているため…と思われる。

 

この絨毯が制作された1950年代のイランは、パハラヴィー朝のモハンマド・レザー・シャーの時代となり、敗戦国であった日本の戦後と同様に、アメリカの文化が急速に流入し、イランの文化に影響を及ぼしはじめた時代でもあったが…絨毯生産においては、その主要な輸出先は、依然としてヨーロッパであり、伝統的な色彩の強い本作のようなカーシャーン産の絨毯はとくに好まれたようである。

9072|カーシャーン(カシャーン)草花文様絨毯|約217x137㎝

33248カーシャー(カシャーン)樹木花鳥文様絨毯

約217x137㎝

​¥312,000(税別) | 送料無料・30日間返品保証

KASHAN

草花が木の枝のように左右に茎を広げ、天を目指して伸びていく、今を生きる命を祝福するような花鳥図柄の絨毯。フィールド内には3羽の鳥。その中で最上部に描かれているのは、イランの叙事詩「王書(シャーナーメ)」にも登場する伝説の鳥で人語を話すといわれるスィーモルグと思われる。不死鳥のような装飾性に富んだ鶏冠、羽、長い尾羽を有する色彩豊かなこの鳥の図像はイル・ハーン朝の時代、中国の鳳凰がイランに伝えられて、スィーモルグに置き換わって定着したものとされている。

 

テーマは古典的だが、写実的な要素が盛り込まれた現代的図柄の絨毯で、西洋絵画のような絵柄文様が巧みに織り上げられている。ペルシャ語でシャーデサーという工房名が絨毯上部に織り込まれている。

9230_305x205_1.png

km9230-123/ナーイーン(ナイン)メダリオン文様絨毯

約305x205㎝

¥370,000(税別) 送料無料・30日間返品保証

NAIN

ワインレッドを背景色とした上品な色調のナーイーン産のペルシャ絨毯。ペルシャ語でシェシュ・メトルと呼ばれる6㎡の部屋敷きサイズの絨毯で、織り密度は1センチ角に36ノット。よく知られているように、ナーイーン産のペルシャ絨毯にはその品質基準をあらわす独自の評価方法があり、La (ラー) という言葉が用いられている。La (ラー)とは糸を撚った本数とあらわす言葉で、4 La、6 La、9 La などと用いられる。4 L aとは縦糸に2本どり×2回撚り、6 Laとは3本どり×2回撚り、9 La とは3本どり×3回撚りの糸が施されていることを示している。数が多いほど糸は太くなり織り密度も粗くなる。9 La で30〜40ラジ、6 L aで50〜60ラジ、4 Laで70〜80ラジの見当とされている。

 

本作は9 Laタイプの絨毯となるが、このタイプの絨毯の中でもそのクォリティーには1㎝角に4×4=16ノットものから6×6=36ノットまで幅があり、本作は9 Laタイプの中でも6 L aタイプに近い高品質の絨毯と目される。

9076|タブリーズ・メダリオン・コーナー文様絨毯|約199x151㎝

33272-94/タブリーズメダリオン・コーナー文様絨毯

約199x151㎝

¥300,000(税別) 送料無料・30日間返品保証

TABRIZ

八花弁のパターンを中心に広がる大きなメダリオンが​フィールドの中央に一基置かれ、その上下にサルトランジが設けられ、四隅にはメダリオンの類似デザインが四半分の割合で配されている。オーソドックなタブリーズ産のメダリオン・コーナー・デザインの絨毯。

 

サイズは199×151㎝。織り密度は1㎝角に5×5=25kn(ノット)。ペルシャ絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと35RAJ相当でタブリーズ産の絨毯としてはやや粗めだが、文様は正確に織り込まれており、この地における絨毯づくり、その制作技術の高さを示している。制作年代は1990年代初頭とされているが、保存状態は良好で、経年劣化も見られない。

9095|タブリーズ・メダリオン文様絨毯| 約190x139㎝

33269-120/タブリーズ・メダリオンコーナー文様絨毯

約190x139㎝

​¥507,000(税別) 送料無料・30日間返品保証

TABRIZ

タブリーズは、19世紀のペルシア絨毯復興期以来、西欧の窓口として絨毯制作に向き合ってきたため、そのデザイン・レパートリーは非常に広く、ペルシャの伝統的モティーフだけでなく、ヨーロッパ調の装飾様式も採用されている。フィールド内に華やかな花卉が乱舞する…この絨毯にも、写実的なフランス風花文様が随所に用いられており、フィールドとメイン・ボーダーの境目にあたる縁のデザインも、完全にヨーロッバ調の装飾となっている。

俗にヨーロッパ好みと呼ばれる…日本でも比較的人気の高い…バロック調メダリオン柄のタブリースの絨毯で、サイズは190×139㎝。織り密度は1㎝角に8×8=64kn(ノット)。ペルシャ絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと55RAJ相当。細かな織りで仕上げられたタブリーズ絨毯の優品と評価される。

9075|ビージャール(ビジャー)メダリオン文様絨毯|約212x140㎝

9075-97/ビージャール(ビジャー)メダリオン文様絨毯

約212x140㎝

​¥320,000(税別)送料無料・30日間返品保証

BIJAR 

ビージャール(ビジャー)はコルデスターン州にある緑豊かな町で15〜16世紀にかけてはシャー・イスーマールの荘園として栄えていたが、第1次世界大戦の間、ロシアとトルコの占領下におかれ、また1920年頃の大飢饉との遭遇によって人口が激減したといわれる。この地で制作される絨毯は、3本の横糸を通し、巨大な鈎爪のような特殊な緯打具でパイルを強く打ち込むため、堅くて重く、折り畳むことさえままならない…他に類を見ないほど耐久性に優れ「鉄の絨毯」の異名をもつ。

デザインは色々見受けられるが、近作のものは六角形のメダリオンとヘラーティー文を組み合わせのものやヘラーティー・パターンのアフーシャーンが中心となっており、本作もそうしたものの中の1点と見受けられる。サイズはペルシア語でドザールと呼ばれる212×140㎝の部屋敷サイズで、織り密度は1㎝角に6×6=36kn。ペルシャ絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと40RAJ相当で世界的に高い評価を得ているビージャール(ビジャー)産の絨毯の中でも、中位上レベルに位置づけされる。

9092-82/ビージャール(ビジャー)メダリオン文様絨毯

約205x140㎝

​¥215,000(税別) 送料無料・30日間返品保証

BIJAR 

ルデスターン州のビージャール(ビジャー)はクルド人の町であり、ビージャール構造と呼ばれる特殊な織り方で制作された…この地の絨毯は他に類を見ないほど堅固で、耐久性に優れ、その質の高さは世界的に高い評価を得ている。本作もそうしたものの中の1点でサイズは205×140㎝。織り密度は1㎝角に5×5=25ノット。ペルシア絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと35RAJ相当で、やや粗めだが丈夫で固い毛足があり、日常使いのペルシャ絨毯の中では最良のものに属するとされる。

鉄の絨毯の異名をもつこのビージャール産絨毯の唯一の欠点は…堅くて重いということ。無理をして折りたたもうとするとひび割れてしまうこともあり、輸送時には、巻かなくてならないという…コスト上の問題があるとされる。

 

9211-247/ケルマーン(ケルマン)千花楽園図文様絨毯

約304x195㎝

​¥746,000(税別) 送料無料・30日間返品保証

KERMAN 

絨毯全体が様々な花文で埋め尽くされたケルマーン産の絨毯。フィールドの下部には豊かな水の流れと、水辺で遊ぶ水禽や動物たちの姿が描かれ、古代の水の女神アナーヒター信仰とも結びつくとされる花瓶の連続文様が生命の樹のごとく、フィールドの頂点まで達し、咲き誇る花の周囲には、その花を求めてやってくる鳥たちの楽園図が広がっている。過剰なまでの花の氾濫は絨毯に温かみのある優しさを与えている。

 

サイズは304x195㎝。織り密度は1㎝角に6×6=36kn(ノット)。ペルシャ絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと40RAJ相当。ルート砂漠の西の辺縁部に位置し、牧畜にも適さず農作物の収穫も望めない豊穣とは程遠い地ケルマーンだから生まれた…この地ならではの「楽園図絨毯」ともいえる作品である。

9211ケルマーン_304x195_2.png

6906-188/ケルマーン(ケルマン)千花文様絨毯

約218x170㎝

​¥480,000(税別) 送料無料・30日間返品保証

KERMAN 

ケルマーンは、古くから織物の産地としても知られ、19世紀にはヨーロッパで人気を博したカシミール・ショールの代替商品として、ケルマーン・ショールが、この地で盛んに製作されていたが、19世紀末iにはショール産業が衰退。結果、多くのショール業者が、当時勢いをつけてきた絨毯産業への転身を図り、それと共にショール・デザインも絨毯の意匠の中に受け継がれていった。

そんなショールの優雅なデザインの芳香が感じられる絨毯で、サイズは218×170。織り密度は1㎝角に6×6=36ノット。ペルシャ絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと40RAJ相当。リズムカルに流れるような曲線で構成された花満ちる樹木の重なりがフィールド全面に展開されており、変化に富んだ色調と躍動感溢れた…花の森のようなケルマーンらしい見事な絨毯である。

6906_218x170-3.png

9001/サナンダージュ/150x128cm

¥80,000

お見分け対象品

9004/サナンダージュ/100x75cm

¥25,000

お見分け対象品

<ペルシャ絨毯のメジャー産地とは>

ペルシャ絨毯の故郷イランには、数えきれないほどの多くの絨毯産地があり、それぞれ、その土地・土地の気候風土や生活文化に密接に結びついた特徴ある絨毯が制作されています。その中でも、特にクォリティーの高い絨毯を数多く生み出し、なおかつ、産地全体としてある一定水準以上の絨毯をつくり出しているのが、いわゆるメジャー産地と呼ばれる絨毯産地です。

日本では5大産地や7大産地の名で知られエスファハーン、ゴム(クム)、ナーイーン(ナイン)、タブリーズ、カーシャーン(カシャーン)、ケルマーン(ケルマン)、マシュハドなどの絨毯産地がこれにあたります。本サイトではペルシャ絨毯のブランド品として高く評価されているこれらメジャー産地の絨毯の中から、とくにお買い得(価格<価値の視点から)と思える作品を特集してご提案させていただいています。

NEXT

ペルシャ絨毯の通販サイト「数寄の絨毯」 /  サイトマップ、ご利用規約プライバシーポリシーK&Mの書籍​絨毯という言葉、1ヶ月間の返品保証返品窓口

​お問い合せはコチラから ➡️ CONTACT

数寄の絨毯/運営サイト:プロダクトプランニングセンターK&M

619-0237京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザラボ棟

TEL0774-95-1950 FAX0774-95-1951

EMAIL:km@manabe-y.jp

※本サイトに掲載された画像・文章・資料など、本サイト内のコンテンツに関して、許可なく複製、転用、また無断活用することを禁じます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram