PERSIAN CARPET

プロダクトプランニングセンターK&Mがお届けするペルシア絨毯情報

ペルシア絨毯の種類/カテゴリー

ペルシア絨毯の種類/カテゴリー

 

生活形態と絨毯

絨毯の生活形態を背景とした分類

イランで製作されている手織り絨毯、いわゆるペルシア絨毯は、大きくその特性をとらえて、家畜を連れて移動しテント生活をおくる遊牧民がつくる絨毯、定住化した農耕牧畜民がつくる絨毯、都市で商業的につくられる絨毯の3つに大別することができる。遊牧民の絨毯は、本来、自家用のため織られたもので、ざっくりとした織りで文様も粗削りで幾何学デザインが中心である。一方、都市の絨毯は分業化がすすみ、付加価値をつけるため文様は緻密で、曲線文様が扱われ、織り密度が高くなっていく。また、農村を中心につくられる牧畜民の絨毯は、遊牧絨毯から都市絨毯への移行期のような性格を備えている。

 

◆遊牧民の絨毯

遊牧という生活形態は、非常にすぐれたシステムであるが、国家にとっては御しがたく、また安定した生活を誰もが望む現在では、徐々にその姿を消そうとしている。彼らは生活の必需品として絨毯をはじめとするさまざまな染織品をつくり出すのが得意である。自分たちが育てる羊の毛を刈り、糸に紡ぎ、自生する植物で染色し、移動の可能な地機といわれる水平の機を用いて織り、絨毯に仕上げる。移動しながらの製作のため、織りムラや染めムラが生じることも多いが、それがかえって人間らしい魅力ということで、人気を呼んでいる。

関連商品page

​関連項目page

◆牧畜民の絨毯

定住化した遊牧民あるいは半農半牧の村人によってつくられる絨毯は、外見は素朴で都市の絨毯ほど洗練されているわけではない。農作業などの合間につくられ、自家用に生産されることも商業的に生産されることもある。とくにイラン西部の山岳地帯や東部の国境地帯の村では、このような都市と遊牧の中間にあたるような絨毯づくりが盛んに行われている。

関連商品page

​関連項目page

◆都市の絨毯

都市の絨毯は、商業ベースでつくられ、分業化していることが大きな特徴である。デザイン、紡糸、染色、経糸張り、製織、仕上げと分担するシステムが構築されている。織りには大型の固定された竪機が用いられる。織りのシステムとしては、出機といわれる問屋制家内工業と工場生産がある。出機は、自宅で女性が生産者から下絵と糸を預かり織り上げ、納入する。工場生産は、工場に大型の織り機を設置して、出勤して織り上げる。織り子は、女性が中心となっているがイランのタブリーズ、マシュハドなど、保守的な地域では男性が中心となっている。

関連商品page

​関連項目page

◆都市工房の絨毯

都市でつくられる絨毯の中でも、すべての工程を管理し、ある一定水準以上の絨毯をつくり出しているのが、絨毯工房である。精緻で美しい曲線を駆使し、絶妙な色彩バランスで、緻密な織りの絨毯を生み出す工房は、デザインから染色、織り工程まで、それぞれ織り匠の細かい指示のもと管理され良質の絨毯が生み出されている。工房がプロデュースする絨毯は、いわゆる絨毯のブランド品ともいえる性格をもつもので、名のある工房の作品は、品質の証しであるとともに大きな付加価値ともなっている。

​関連項目page1

​関連項目page2

 

◆絨毯の特定要素…手織り絨毯の特徴づけ

ある1枚の絨毯を他と区別して特定したい時、その特徴を明確に表現する必要が生じる。そのファクターとして、次のような項目が挙げられる。

1.産地…どこで織られたか

まず第1はその絨毯がどこでつくられたかということである。たとえば、カーシャーンの絨毯といった時、それはイランのカーシャーンでつくられたことをさす。このように手織り絨毯は、地名などの固有名詞で特定される。この産地の表示は、絨毯のランクや意匠・技法の特徴などと大きく関わりをもつ場合がある。ただ、この固有名詞はかならずしもそれがつくられた地名をささない場合がある。地域名であったり、絨毯の集積地であったり、それが織られた民族名、部族名で表されている場合などもある。また個別の絨毯は、その由来から命名されることもある。

​詳しくはコチラから

2.サイズとプロポーション…どのような大きさ、形か

絨毯のサイズは、たて×よこの長さ(cm,feet-inch)で表示されるが、例えばペルシア絨毯の場合、ポシュティー、ザロチャーラク、ザロニーム、ドザル、パルデ、ガーリーなどの定型サイズがあり、概略のサイズはこれらの用語だけで賄える。また、プロポーションは、一般的には長方形だが、変形サイズのものとして、細長いランナーと呼ばれるものや正方形、円形、楕円形の絨毯もある。

​詳しくはコチラから

3.デザイン…どのような図か

どのような柄の絨毯か、ということを表現するため、メダリオン絨毯、メヘラーブ絨毯など文様のさまざまな分類がある。また特徴を表現するためのモティーフやパターンの特殊な呼び名もある。

​詳しくはコチラから

4.素材…どんな材料か

素材(パイル)は一般に、シルク、ウール、ウール・シルクの3つにわけられる。厳密には、経(たて)糸、緯(よこ)糸、パイル糸それぞれの素材が表示されるべきなのだが、パイル糸の素材のみの表示にとどまっている場合が多いようである。パイル糸が絹のみの場合、絹100%の表示となる。ウールの場合は毛100%、ウールのパイル糸の中に、文様を際立たせるために絹のパイル糸を一部に使用する場合は、俗にパート・シルクと呼ばれ、毛・絹といった表示となっている。経糸、緯糸には、綿、絹、毛などが使われる。また正確には、博物館などでは、どのような糸が用いられたかを撚り方向や撚り本数まで細かく分析調査している。

​詳しくはコチラから

5.織り密度…どれだけ手間がかかったか

絨毯の品質をあらわすバロメーターとして、織り密度があげられる。密度が高いということは、文様が緻密に表現されて美しい、またその分大変な手間がかかるということで価格も上昇する。この密度は、一般にノット数であらわされる。単位面積あたりのノット(結び)の数で品質を比較しようということである。採用される単位系としては、1平方インチあたりのノット数(kn/in2)、1平方メートルあたりのノット数(kn/m2)、10センチ四方あたりのノット数(kn/dm2)などが用いられる。この他、産地により品質の基準があり、その特殊な単位で織り密度を表現する場合がある。ペルシア絨毯でいう、ラジという単位やたて糸の本数で密度を表現したりする場合である。

詳しくはコチラから

6.絨毯工房…誰がつくったか

都市でつくられる絨毯は、それぞれの工程が専門化し、分業化されている。このすべての工程を、コントロールして、細かい指示をあたえ、卓抜した絨毯をつくりあげようとする織り匠が経営する制作拠点を便宜的に工房と呼んでいる。主要産地には、著名な工房があり、常に優れた作品を生み出している。ペルシア絨毯のいわばブランド品といった工房絨毯はそれぞれ特徴あるデザインや技法で他工房との差別化をはかっている。一方、有名な工房のサインを流用したり、その親戚が制作したりしている場合もあり、また、いかに工房絨毯でも、それぞれランクがあり、中には乱作や品質低下もみられるので、名前やサインを鵜呑みにせず、ちゃんと品質を見分ける眼をもっておく必要がある。

詳しくはコチラから

7.製作年代…いつ織られたか

絨毯は、よく骨董的価値をもつといわれている。確かに古い絨毯は、その希少価値だけでも値打ちがあるのは事実である。ただ単に時間さえ経っていればよいわけではなく、それが昔の合成染料を用いた粗悪品であれば、古さには何の意味もない。一般に絨毯は、次のような尺度で古さを表現している。

アンティーク … 100年以上

オールド   … 50~100年

セミオールド … 25~ 50年

8.その他

このほか、どんな色が使用されているか、どのような染料が用いられたかの検証や、パイルの結び方の種類、緯糸の本数、パイルの長さ(パイルの刈り込み具合)、なども特徴を表すバロメーターとなる。

​詳しくはコチラから

NEXT

Page Contents

9063ケルマーンシャー|167x105㎝
¥109,500(税別)
9022トルクメン120x88hcut
¥31,750(税別)
9018トルクメン|144x103㎝
¥47,000(税別)
Show More

ペルシャ絨毯の通販サイト【数寄の絨毯】

商品情報/実作品をご家庭で、確かめてからご注文いただけます。詳しくはコチラから→安心の後払い

 
 
 
 
 
 

ペルシャ絨毯の通販サイト「数寄の絨毯」 /  サイトマップ、ご利用規約プライバシーポリシーK&Mの書籍​絨毯という言葉、1ヶ月間の返品保証返品窓口

​お問い合せはコチラから ➡️ CONTACT

数寄の絨毯/運営サイト:プロダクトプランニングセンターK&M

619-0237京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザラボ棟

TEL0774-95-1950 FAX0774-95-1951

EMAIL:km@manabe-y.jp

※本サイトに掲載された画像・文章・資料など、本サイト内のコンテンツに関して、許可なく複製、転用、また無断活用することを禁じます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram