top of page
アンカー 1

数寄の絨毯 ppckm.net がお届けする

ペルシア絨毯情報

PERSIAN CARPET

数寄の絨毯km2324/ペルシア

バルーチ・幾何連続文様絨毯

約243x81㎝

​販売済み

​商品登録情報

商品名/バルーチ・幾何連続文絨毯

品番/数寄の絨毯km2324-22

生産地/イラン・ホーラサン地方

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/243x81㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

シングルウェフト

見掛け上の織り密度/1㎝角に6×7=42kn(ノット)

(見掛け上の総ノット826,686kn)

※knとはknot(ノット=結び)の略

手織り工程における所要製作時間/約459時間

(織り手のスピード/シングルウェフト1,800kn/時として換算)

826,686kn÷1,800kn459時間

手織り工程における所要制作日数:約57日

459÷8=57.375(8時間労働/日として換算)

完成までの所要時間:約4ヶ月

※織り機の準備から洗い・仕上げまで、本作完成までに要したと思える所要時間

①基準単価:¥250/1,800kn=(¥139/1,000kn)

​②百分率評価:80%

単価評価:(①×​②)/1,000kn=(¥111/1,000kn)

販売価格=¥91,800

826,686作単価評価(¥111/1,000kn)¥91,762

459時間×(¥200/時)=¥91,800

※①基準単価とは

作品価値の根拠(質と価格の関係)となるものを明確して、ご提案させていただくために、制作原価の約70%を占めるといわれる…織り職人の労働単価を基準ベースとして、本サイトが独自に算出させていただいた1,000kn(ノット)あたりの……ペルシア絨毯標準的評価額

※​②百分率評価とは、

ペルシア絨毯の標準的評価(①基準単価)と対象作品の現地評価、その差異を指数で表したもの。

単価評価

対象作品(絨毯)の1,000knあたりの評価額。

<詳しくはコチラから>

​商品解説

縦糸、パイルともウールが用いられ、バルーチの伝統的技法に基づいて制作されたと見られるランナー・タイプの絨毯で、ペルシア語では、ケナーレと呼ばれる。ケナーレとは縁とか辺の意味で、大きな絨毯の横に並べて使用されるところからきた言葉と思われる。

シングルウェフトの織りで、見かけ上の織り密度は1㎝角に42ノット(6×7=42)、ペルシア絨毯の一般的クオリティー指標であらわすと、見かけ上50RAJ相当でバルーチ絨毯の中ではハイクォリティーの絨毯される。部族民絨毯特有の色斑や不整形な文様は見られず、しっかりとした仕上がりとなっている。

メイン・モティーフとして用いられているのは樹木を様式化したような幾何文。樹木には元来、神聖な力が宿るとされ、繁栄、成長、再生の願いが込められているといわれる。また、同一の文様を繰り返して連続させる反複柄には永続性の意味が込められているとされ、このことから、永遠の繁栄、成長を願って(象徴するものとして)制作された絨毯と見なされる。

TOP

バルーチ・幾何連続文絨毯:243x81㎝

ペルシア語でケナーレと呼ばれるランナー・タイプの絨毯

3人掛けラージタイプのソファー前や

ベット・サイドや廊下敷きなどにご使用いただけます。

bottom of page