数寄の絨毯 ppckm.net がお届けする

ペルシア絨毯情報

PERSIAN CARPET

数寄の絨毯33159/ペルシア

トルクメン幾何メダリオン文様絨毯

約145x104㎝

​¥60,400(税別)

​後払いサービス対象品です。

​商品登録情報

商品名/トルクメン・幾何メダリオン文様絨毯

品番/数寄の絨毯33159-21

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/145x104㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に5×4=20ノット

計算上の総ノット数/301,600kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

手織り工程における所要製作時間/約302時間

(熟練工/織りスピード1時間あたり1,000knとして換算)

手織り工程における所要製作日数:約38日

302÷8=37.75(8時間労働/日として換算)

完成までの所要時間:推定約3ヶ月

※織り機の準備から洗い・仕上げまで、本作完成までに要したと思われる制作時間

単価評価: ¥200/1,000kn

販売価格:¥60,400

※301,600kn×(¥200/1,000kn)=¥60,320

単価評価

対象作品(絨毯)の1,000knあたりの評価額。

<詳しくはコチラから>

33159トルクメン幾何メダリオン文絨毯

​商品解説

トルクメン族は、チュルク語のオズク群に属する部族民で、イラン北東部からトルクメニスタン、アフガニスタンにかけての中央アジアに居住し、その多くが半農半牧の生活を営んでいるとされる。

 

イランでは、カスピ海東岸からトルクメニスタンの国境にかけての地域に居住するゴクレン(ギョクレン)やヨムートなどのトルクメン族が絨毯づくりに携わっており、本作もその中の一点とされる。

 

ダブルニッチ構造の絨毯で、フィールド内中央に水の恵みを顕すとされる菱形のメダリオンが一基配置され、その中にアーリアの太陽、または日輪などと称される幾何文/吉祥のシンボルが描かれ、同じものが四隅コーナーにも配置されている。

 

この幾何文の源泉は、洋の東西を問わず吉祥・幸福のシンボルとされてきた…卍(まんじ)文にあるとされ、一説には、古代インド・アーリア(ヘルシア)のミラス(ミトラス)信仰に由来するともいわれている。

サイズはペルシア語でザロニーム呼ばれる154×104㎝の小振りの絨毯で、織り密度は2,00kn/dm2(1㎝角に5×4)、ペルシア絨毯の一般的なクォリティー指標で表記すると30RAJ相当で、部族民絨毯の中では、やや上質の絨毯に位置づけられる。

 

部族民絨毯に見られる織り斑と呼ばれる大きな歪みや色斑なども見受けられず、しっかりとした仕上がりとなっている。深みのある真朱赤と濃紺のカラーバランスも良い。

平米単価での取引慣行で、制作単価が低く評価されており、お買い得な絨毯となっている。

トルクメン絨毯について

トルクメン族は、古くから絨毯づくりに長けた民族としても知 られており、中でもテッケ、ヨムート、チョドル、サリク、エルサリ、サロールなどの部族集団が名高く、それぞれ部族独特のギュルと呼ばれる多角形の紋章のようなモティーフを用いた絨毯を製作している。

 

ギュルとは、ペルシア語で花を意味し、かつてはそれが各部族のトーテムであったといわれるほど多様なヴァリエーションがある。トルクメン絨毯の文様構成は、このギュルと呼ばれる多角形が主要なモチーフとなっており、多くの場合、これが縦横に並び、全面的に展開するパターンとなっている。

 

このギュルの配列は、ティーム朝時代のミニュアチュール(細密画)やホルバイン(ドイツ・ルネサンス期15世紀の画家ハンス・ホルバイン)の作品に描かれたアナトリアの絨毯などに、その類例が認められているが、18世紀以前に遡るトルクメン絨毯は現存しておらず、詳しいことは分かっていない。

色調は、魔を避ける色として、トルクメン族に特に好まれた赤(濃い赤から紫がかった赤)が中心で、緑や黄褐色を基調としたものも見受けられる。

 

織り密度は粗いものから中位のものまで、1㎝角に9〜36kn(ノット)。絹製のものでは、もっと細かい織りの絨毯も見られる。技法的にはペルシア結びで、縦糸、横糸ともにウールが用いられるが、近作の中にはトルコ結びや縦糸に綿を使用したものも見られる。

以下余談となるが、トルクメン族は、絨毯以外にも、移動用のテントの入り口を飾る垂れ幕や鞍袋、寝具袋、衣装袋などの種々の袋類、鞍敷き、駱駝や馬の飾りなど数多くの羊毛製品を作っており、これが世界中の絨毯愛好家たちの目とまり、絨毯以上の高い評価をえて、収集の対象品となっている。

 

また、トルクメン絨毯の中には、敷物としてではなく、ユルタ(移動用の遊牧民のテント)に、砂塵・家畜・虫などの侵入を防ぐために掛けられるエンジと呼ばれる絨毯があり、そのデザインは、礼拝用のミフラーブ(アーチ型のデザイン)に共通するものとなっている。その中でも、特に中央に十字形のデザインがあるタイプをハチュリと呼ぶ。

 

これらは、いずれも自家用として製作されるが、動物飾りや絨毯は、婚資として若い女性やその親族によって織られるケースも数多くあるとされる。

​ペルシア絨毯の産地情報はコチラから

​ホームへ戻る

トルクメン・幾何文様絨毯:145x104㎝

ペルシア語でザロニームと呼ばれる1畳大サイズの絨毯で、2人掛け、3人掛けの

ソファー前の中敷などにご使用いただけます。

お問い合わせ窓口

この商品に関する、お問い合わせは窓口です。​お気軽にご相談ください。

ペルシャ絨毯の通販サイト「数寄の絨毯」 /  サイトマップ、ご利用規約プライバシーポリシーK&Mの書籍​絨毯という言葉、1ヶ月間の返品保証返品窓口

​お問い合せはコチラから ➡️ CONTACT

数寄の絨毯/運営サイト:プロダクトプランニングセンターK&M

619-0237京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザラボ棟

TEL0774-95-1950 FAX0774-95-1951

EMAIL:km@manabe-y.jp

※本サイトに掲載された画像・文章・資料など、本サイト内のコンテンツに関して、許可なく複製、転用、また無断活用することを禁じます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram