top of page
アンカー 1

商品名ハマダーン幾何メダリオン文絨毯 

品番/数寄の絨毯ペルシャ33101-32 

生産地/イラン・ハマダーン(ハマダン)

製作年代/1990年代(経年25〜35年) 

サイズ/208x145㎝

パイル/ウール 

縦糸/綿 

シングルウェフト

見かけ上の織り密度/1㎝角に6×6=36ノット

※計算上の総ノット数/1,085,760kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

手織り工程における所要製作時間/約723.84時間

※ 熟練工/織りスピード1時間あたり1,500knとして換算

※1,085,760kn÷1,500kn=724時間

手織り工程における所要製作日数:約181日

※724÷4=181在宅4時間労働/日として換算

単価評価タイプC:

¥250/1,500km(¥167/1,000kn)

※ 1,085,760kn×(¥167/1,000kn}=¥169,400

販売価格¥169,000

税込価格¥185,900

※単価評価とは

対象作品(絨毯)の1,000knあたりの評価額。

<詳しくはコチラから>

1990年代に製作されたと見られる​ハマダーン 産の絨毯
落ち着いた色柄のバランスも良く
​この産地の絨毯の中では優品といえる一品です​

商品解説

紀元前6世紀、メディア王国の都エクバタナとして繁栄し、続くアケメネス王朝の夏の都として栄華を極めた古い歴史を有するハマダーンは、テヘランから西に300キロ、イラン北西部屈指の商業都市として知られ人口およそ55万人。この街は、また、ペルシア絨毯の一大集散地としても名高く、マライエール、ナハバンド、ツイセルカーン、ホセイナバード、ハムセ、ザンジャーンなど、ハマダーン州内外の数多くの絨毯が、この街の市場を通して、ヨーロッパをはじめとする諸外国へと送られています。

 

その多くはハマダーンの名を冠して販売されており、この絨毯も、そうしたものの一枚で、そのデザイン様式からハマダーン市周辺の、いずれかの町や村で製作されたものと見られます。絨毯のメイン・モチーフとして用いられている六角形の幾何学的形態をもつメダリオン文の中心には日輪などと称される吉祥文(幸福のシンボル)が置かれ、その周辺にはロゼット花文、十字文などが配置されています。六角形のメダリオンを取り囲むように走るジグザクの鋸歯文やアウターガードの波形文は部族民絨毯によく見られるモチーフのひとつで、全ての生命の源、水に関連するといわれています。

フィールド内やボーダーに点在する花文や生命の木、ボッテ文など様式化された様々なモチーフもまた、部族民絨毯によく見られる意匠で、それぞれ魔除けや長寿、子孫繁栄、降雨など、世俗的な意味をもつとされています。

 

サイズはペルシア語でドザルと呼ばれる中振りのサイズで、見た目の織り密度は1㎝角に6×6=36ノット42ラージ相当の細かな織りの絨毯となります。1990年代に制作されたものと言われ、30年近い年月が経っていますが、経年劣化は見られず落ち着いた色柄のバランスもよく、ハマダーン絨毯の中では、優品といえる一品です。

数寄の絨毯 ppckm.net がお届けする

ペルシア絨毯情報

PERSIAN CARPET

数寄の絨毯ペルシャ33101-32/ハマダーン(ハマダン)

幾何メダリオン文絨毯/約208x145㎝

​¥185,900(税込)

数寄の絨毯ペルシャ33101-32/ハマダーン(ハマダン)絨毯

この商品の登録および価格情報です 

33101サイズイメージ01_image.jpg

サイズ感です

ハマダーン・幾何メダリオン文絨毯

208x145㎝

ペルシア語でドザルと呼ばれる中振りの絨毯で、2人掛け、3人掛けの

ソファー前の中敷などにご使用いただけます。

33101-32/ハマダーン(ハマダン)産絨毯のサイズ感

お問い合わせ窓口

この商品に関する、お問い合わせ窓口です。​お気軽にご相談ください。

bottom of page