PERSIAN CARPET

数寄の絨毯 ppckm.net がお届けする

ペルシア絨毯情報

ペルシャ絨毯の主要産地と沿革

北東ペルシャの絨毯

◆マシュハド (マシャッド) MASHHAD

北東ペルシア、ラザヴィー・ホラーサーン州の州都マシュハドは、イラン第2の都市で、9世紀にイマーム・レザー廟が建立されて以来のシーア派十二イマーム派の巡礼地である。祭礼時には、イラン全土はもとより、パキスタン、アフガニスタン、アゼルバイジャンなどから多くの巡礼者が訪れる国際都市に変貌する。20世紀半ばまで、イラン屈指の絨毯産地であったが、近年その全体的な水準は少し低下しているのが現状である。しかし、昔ながらの確かな作品も一部でつくられている。意匠は、ペルシア・デザインのみならず、カフカースのデザインを採用することもある。また近年ではカーシャーンのアフシャーン絨毯に類似した商品も数多くつくられている。伝統的にマシュハド近辺の絨毯は、ジョフティー結びが用いられることも多く、これはペルシア結びだが、タブリーズから導入されたトルコ結びも共存する。また、マシュハド独特の織りとして、10-20cmごとに太いケーブル緯糸を使用するなどの特徴がみられる。またマシュハドは周辺地域の絨毯集積地となっているため、トルクメンやバルーチなどの部族民絨毯もマシュハド絨毯として流通することもある。

◆グーチャーン(グーチャン) Quchan/Ghouchan

北東ペルシア、マシュハドの西北山間部にあるコルド(クルド)族の町で、もともとアナトリアからカフカースにかけて居住していた彼らの祖先が、オスマン・トルコによって追われ、カスピ海南岸へ移り住んだところ、サファヴィー朝シャー・アッバースのウズベク人対策の戦力として、この地方へと再び移動させられたといわれている。グーチャーンの絨毯は、良質のウールと素朴な味わいで人気があり、デザインはカフカース風や西のコルド風のものが中心となっているが、周辺のトルクメンやバルーチの影響を受けた意匠のものも見受けられる。

◆ビールジャンド Birjand

南ホラーサーン州の州都ビールジャンドは、アフガニスタン国境に近い東ホラーサーン、マシュハドとザーヘダーンを結ぶキャラヴァン・ルートの途中にある小さな都市だが、空港をもっている。20世紀初めには工場生産も行われるようになった。南ホラーサーン州の北部一帯の山岳部は、ガーエナートと呼ばれ、ドロフシュやムードなどの産地もある。東ペルシアでは普通だが、4本のたて糸に跨って結びがつくられるジョフティー結びが主流である。

◆ドロフシュ(ドロクシュ) Dorokhsh

マシュハドの南、ビールジャンドに近い小さな町、ドロフシュの絨毯はマシュハドの影響を強く受けている。かつては小さな花文の反復柄の精緻な絨毯がつくられていた。多くの点でムードの絨毯とも良く似ている。

◆ムード Mud

ビールジャンドの南にある小さな町である。メダリオン文様やマーヒー・デザインの絨毯がつくられている。

 
 
 
 
 

北東ペルシアの主要な絨毯産地とその沿革

2332|バルーチ・四賢者絵画文様絨毯

商品名/バルーチ・四賢者絵画文様絨毯

生産地/イラン・ホーラサン地方

製作年代/2000年代(経年15〜20年/未使用品)

サイズ/166x93㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

シングルウェフト

見掛け上の織り密度/1㎝角に6×7=42kn(ノット)

(見掛け上の総ノット648.396kn)

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥90, 000

2334バルーチ171x114.png

商品名/バルーチ・ボテ反復文様絨毯

生産地/イラン・ホーラサン地方

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/171x114㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

シングルウェフト

見掛け上の織り密度/1㎝角に5×5=25ノット

(見掛け上の総ノット487,350kn)

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥67,750 

9013バルーチ156x95-3.png

商品名/バルーチ・メヘラーブ文様絨毯

生産地/イラン・ホーラサン地方

製作年代/1990年頃(経年25〜30年)

サイズ/156x95㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度:1㎝角に6×4=24kn(ノット)

総ノット:355,680kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥71,200

9005|バルーチ・幾何連続文様絨毯

商品名/バルーチ・幾何連続文様絨毯

生産地/イラン・ホーラサン地方

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/105x70㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に4×5=20ノット

(計算上の総ノット数147,000kn)

​¥36,750(税別)/販売済み

9012|バルーチ・幾何メダリオン文様絨毯

商品名/バルーチ・幾何メダリオン文様絨毯

生産地/イラン・ホーラサン地方

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/154x95㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に4×4=16ノット

計算上の総ノット数234,080kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥58,500

9022|トルクメン幾何連続文絨毯

商品名/トルクメン幾何連続文絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/120x88㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に3×4=12kn(ノット=結び)

計算上総ノット数/126,720kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥31,750

9011|トルクメン幾何連続文絨毯

商品名/トルクメン幾何連続文絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年)

サイズ/175x123㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に3×4=12kn(ノット=結び)

計算上の総ノット数/258,300kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥77,450

9008|トルクメン・幾何連続文絨毯

商品名/トルクメン・幾何連続文絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0-10年/未使用品)

サイズ/117x85㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に5×5=25ノット

計算上の総ノット数/2

​¥49,800

9019|トルクメン・幾何連続文様絨毯

商品名/トルクメン・幾何連続文様絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年)

サイズ/148x100㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に5×4=20ノット

計算上の総ノット数/296,000kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥58,500

9018|トルクメン・幾何連続文様絨毯

商品名/トルクメン・幾何連続文様絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年)

サイズ/144x103㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に4×4=16ノット

計算上の総ノット数/237,312kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥47,400

9015|トルクメン幾何連続文絨毯

商品名/トルクメン幾何連続文絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年)

サイズ/208x135㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に4×4=16ノット

計算上の総ノット数/449,280kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥112,250

8879|トルクメン幾何連続文絨毯

商品名/トルクメン幾何連続文絨毯

生産地/イラン・北東部

製作年代/2000年代(経年18〜20年)

サイズ/180x140㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に3.5×3,5=12.25ノット

計算上の総ノット数/308,700kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥77,250

9010|トルクメン・幾何メダリオン文様絨毯

商品名/トルクメン・幾何メダリオン文様絨毯

生産地/イラン・東北部

製作年代/近作(経年0〜10年/未使用品)

サイズ/145x104㎝

パイル/ウール

縦糸/ウール

織り密度/1㎝角に5×4=20ノット

計算上の総ノット数/301,600kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

​¥60,400

イラン北東部ホラーサーン地方は、古くから絨毯づくりの伝統を有する地域として知られ、かつてはティームール朝の都が置かれたヘラート(現アフガニスタン)が、その中心となっていましたが、19世紀末から20世紀 初頭にかけて、タブリーズ商人たちの活躍によってマシュハドがこの地方の絨毯づくり中心となり発展、現在に至っています。

イランには絨毯の産地が数多く存在し、産地名を冠して個別の絨毯の商品名のような役割を果たしています。産地の名でひとつのイメージが形成されるほど、流通上大きなウェイトがあり、主要な都市はもちろん、専門的には小さな町や村の名さえ、取引上のバロメーターとして扱われてきました。ペルシア絨毯の品質評価や取引価格に大きな影響を与えてきた…これら数多くの絨毯産地の中から北東ペルシアの主要な絨毯産地について解説します。

NEXT