数寄の絨毯 ppckm.net がお届けする

ペルシア絨毯情報

PERSIAN CARPET

数寄の絨毯K201981/コレクションアイテム

グーチャン花瓶文様絨毯

約201x138㎝

​¥332,000(税別)→お年玉価格¥202,100(税込)

​商品登録情報

商品名/グーチャン花瓶文様絨毯

品番/数寄の絨毯k201981-112

生産地/イラン・グーチャン

製作年代/1980年頃(経年30〜50年)

サイズ/201x138㎝

パイル/ウール

縦糸/綿

織り密度/1㎝角に5×6=30ノット

計算上の総ノット数/832,140kn

※knとはknot(ノット=結び)の略

手織り工程における所要製作時間/約832時間

(シングル/織りスピード1時間あたり1,000knとして換算)

※832,140kn÷1,000kn=832時間

手織り工程における所要製作日数:約104日

※832÷8=104(8時間労働/日として換算)

①基準単価:¥250/1,000kn

​②百分率評価:160%

単価評価: (①×​②)/1,000kn=¥400

販売価格:¥332,000

832,140kn×単価評価(¥400/1,000kn}=¥332,856

①基準単価とは

作品価値の根拠(質と価格の関係)となるものを明確して、ご提案させていただくために、制作原価の約70%を占めるといわれる…織り職人の労働単価を基準ベースとして、本サイトが独自に算出させていただいた1,000kn(ノット)あたりの…ペルシア絨毯標準的評価額

​②百分率評価とは、

ペルシア絨毯の標準的評価(①基準単価)と対象作品の現地評価、その差異を指数で表したもの。

単価評価

対象作品(絨毯)の1,000knあたりの評価額。

<詳しくはコチラから>

​商品解説

イラン北東、マシュハドの西北山間部にあるコルド(クルド)族の町、グーチャン(グーチャーン)で製作されたといわれる絨毯。グーチャン(グーチャーン)産の絨毯は、良質のウールと素朴な味わいで人気があり、デザインはカフカース風や西のコルド(クルド)風のものが中心となっており、その他、周辺のトルクメンやバルーチの影響を受けた意匠も見受けられるという。

 

しかし、本作には、そうしたグーチャン産としてのデザイン的特徴は見受けられず、製作地としての疑問が残るが、この絨毯を購入する際にお世話になったテヘラーンの著名バイヤーに敬意を称して、グーチャン産と記載させていただいた。

 

ただ、本作には、西のホラーサーンの傾向が見られるモティーフの反復文や中央ペルシアの影響を感じさせる花瓶文が見受けられることなどから、テヘラーンあるいは中央ペルシアの影響を受けて製作された絨毯と追記させていただく。

 

サイズはペルシア語でドザールと呼ばれる約3㎡ほどの部屋式サイズの絨毯で、織り密度は1㎝角あたり5×6=30kn。それほど細かな織りではないが、グーチャン産としては最上級の絨毯に位置づけられる。また、歪みがなく、しっかりと仕上げられており、熟練した織り子の手によるものと思われる。

 

意匠的には左右相称の構図をもち、天頂に王冠を戴いた花瓶文図柄の、珍しいデザインの絨毯で、製作年代は不明だが、そのモティーフから、恐らく1979年のイスラーム革命以前に製作されたものと推測される。

 

しかし、使用痕はなく経年劣化も見られない美品で、大胆な表現手法をとりながらも、同系色にまとめられたシンプルなモティーフがさりげなくフィールド内とボーダ内に配にされており、一種の懐かしさのような安心感を覚えさせている。

 

加えて、ほぼ40年と見られる歳月の経過が落ち着いた色合いと雰囲気を醸し出しており、この絨毯にひとつの格式を与えている。見事な絨毯である。

グーチャン花瓶文様絨毯201x138㎝

ペルシア語でザロニームと呼ばれる1畳大サイズの絨毯で、2人掛け、3人掛けの

ソファー前の中敷などにご使用いただけます。

お問い合わせ窓口

この商品に関する、お問い合わせ窓口です。​お気軽にご相談ください。

K201981-112グーチャン201x138

​ホームへ戻る

ペルシャ絨毯の通販サイト「数寄の絨毯」 /  サイトマップ、ご利用規約プライバシーポリシーK&Mの書籍​絨毯という言葉、1ヶ月間の返品保証返品窓口

​お問い合せはコチラから ➡️ CONTACT

数寄の絨毯/運営サイト:プロダクトプランニングセンターK&M

619-0237京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザラボ棟

TEL0774-95-1950 FAX0774-95-1951

EMAIL:km@manabe-y.jp

※本サイトに掲載された画像・文章・資料など、本サイト内のコンテンツに関して、許可なく複製、転用、また無断活用することを禁じます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram