11/23|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

最終更新: 2020年1月16日

11/23の問題
有名なアルダビール絨毯について、1539-40年の銘をもつ、この絨毯は長い間アルダビールにあるサファヴィー家の祖先を祀る廟のために製作されたと信じられてきましたが、遺された目録などの資料研究や廟の部屋のサイズなどから、近年、この関連性に疑問が投げかけられ始め、他の廟からもたらされたのではとの推論がうまれています。かつてアルダビール絨毯が収められていたと示唆(推論)されている廟についてお答えください。…というのが11/23日の問題でした

解答

​マシュハドのエマーム・レザー廟

言い伝えによれば、ロンドンにあるヴィンセント・ロビンソン商会は1891年12月に、マンチェスターに本拠をおくズィーグラー商会から、アルダビール廟に遺されていた4枚の16世紀の絨毯を受け取ったされています。この有名な4枚は2組のペアとなっており、メダリオン文タイプのペア絨毯はアルダビール絨毯と名付けられ、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館とロサンゼルスの群立美術館に収蔵されています。もう一組の動物文タイプのペア絨毯は、現在、ニューヨークのメトロポリタン美術館とカタールのイスラーム美術館に収蔵されています。これら4枚の絨毯が本当にアルダビールからもたらされたのか…どうか幾つかの疑問がなげかけられていますが…その根拠のひとつとなっているのがヴィンセント・ロビンソン商会の元従業員が残した記述で、​この4点のうち少なくとも1点はマシュハドのエマーム・レザー廟から齎されたものと推測されるているからです。ただ、ロビンソン商会からもたらされたこの経歴も、目撃者による著述や1996年に発表されたドナルド・キングの論文などによって疑問視されており、その論争に決着はついていません。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1/10|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

前回/元旦クイズの問題とその解答です ​ ロシアの初代皇帝ツァリー・ピョートル大帝が神聖ローマ帝国の皇帝レオポルド1世へ 贈呈したと伝えられる、ペアの大絨毯。 皇帝絨毯の異名をもつ、このペアの絨毯が製作された場所(産地)は何処か… というのが、元旦クイズの問題でした。 ▼ ​解答​ ヘラート

12/31|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

前回11/24の問題とその解答です 1878年に開催された第3回目のパリ万博に出品され、大きな話題を呼んだ…ポーランド王家の紋章が入った絹パイルと金糸・銀糸のブロケード織りの絨毯。16世紀後半、イランのカーシャーンで制作されたと見られる…この絨毯の大きさは486×218㎝。現在の所蔵先はメトロポリタン美術館で、1945年ロックフェラー財団から寄贈を受けたものいわれます。この絨毯には1878年当時の

11/24|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

前回10/21の問題とその解答です 16-17世紀イランのケルマーンで製作された見られる絨毯のグループで、経糸に綿、横糸に2本のウールと1本の絹または綿、合計3本が用いられたウールパイルの絨毯を、◯◯◯構造と呼んでいる。◯◯◯に入る3文字の漢字を記入してください…というが前回の問題です。 ▼ ​解答 花瓶文

ペルシャ絨毯の通販サイト「数寄の絨毯」 /  サイトマップ、ご利用規約プライバシーポリシーK&Mの書籍​絨毯という言葉、1ヶ月間の返品保証返品窓口

​お問い合せはコチラから ➡️ CONTACT

数寄の絨毯/運営サイト:プロダクトプランニングセンターK&M

619-0237京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザラボ棟

TEL0774-95-1950 FAX0774-95-1951

EMAIL:km@manabe-y.jp

※本サイトに掲載された画像・文章・資料など、本サイト内のコンテンツに関して、許可なく複製、転用、また無断活用することを禁じます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram