11/11|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

最終更新: 1月16日

11/11日の問題
京都祇園祭・南観音山の懸裝として用いられていたポロネーズ絨毯。17世紀中頃サファヴィー朝ペルシアの宮廷工房で製作されたものと見られていますが、どのような経緯で日本に伝来し、山鉾の懸裝として使用されるようになったのかは、いまだ謎のままです。ただ、南観音山の鉾町には、飾り物の購入、補修、寄進などの明細が記された寄進帳が残されており、19世紀初頭には、この絨毯が山鉾の懸裝として用いられていたことが判明しています。このポロネーズ絨毯が南観音山に寄進された年(寄進帳に記された年)は何年か…というのが11/11日の問題でした

解答

​文政元年/西暦1818年

最新記事

すべて表示

9/7|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

前回8/4の問題とその解答です ​ ペルシャと並ぶ手織り絨毯の一大生産地として知られるアナトリア(トルコ)絨毯に関する問題です。1299年から1922年まで、約600年間続いたオスマン帝国時代に制作された見られる絨毯は、デザイン的な特徴で分類され、名称がつけられており、その中にはルネッサンス絵画に描かれたことによる画家の名が冠せられているものも多くあります。例外的に、発見された場所の名を冠して、グ

8/4|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

前回7/12の問題とその解答です ペルシア絨毯は同じ工房で、同じクオリティー(同じ織り密度)で、しかも同じような大きさで製作された絨毯なら同一単価で商品取引きされるのが一般的です。しかし、同じクオリティー(同じ織り密度)の絨毯であっても、サイズが異なると、 平米あたりの単価評価が大きく異なることがあります。小さなサイズの絨毯と大きなサイズの絨毯では、 どちらが平米あたり単価評価額が高くなるか…とい

7/12|超難問ペルシア絨毯クイズとその解答です。

前回の6/14日の問題 17世紀/サファヴィー朝ペルシアの時代、ケルマーンで制作されたと見られている約531×432cmの、チャハール・バーグ様式の庭園文絨毯。前の所有者であったドイツの絨毯コレクターの名に由来して、ワーグナー庭園文絨毯とよばれる、この絨毯を所蔵しているのは、どこの美術館か…というのが、前回6/14日の問題でした ▼ ​解答 ​グラスゴー、バレル・コレクション美術館

ペルシャ絨毯の通販サイト「数寄の絨毯」 /  サイトマップ、ご利用規約プライバシーポリシーK&Mの書籍​絨毯という言葉、1ヶ月間の返品保証返品窓口

​お問い合せはコチラから ➡️ CONTACT

数寄の絨毯/運営サイト:プロダクトプランニングセンターK&M

619-0237京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザラボ棟

TEL0774-95-1950 FAX0774-95-1951

EMAIL:km@manabe-y.jp

※本サイトに掲載された画像・文章・資料など、本サイト内のコンテンツに関して、許可なく複製、転用、また無断活用することを禁じます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram