top of page

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-7

更新日:3月19日

初版/Australian literary magazine、Meanjin, Vol.63, No.2, 2004

再版/USA in Southwest Revew, Vol91, No.1, 2006

研究論文から


地球はそれ自体が一種の磁石で、北極から南極へと何兆もの磁力線が走っており、科学者がしたことは、この粘土を準備し、織り機にかける前にこの物質をウールに染め込むことであったという。こうして絨毯が織り上がると、地球から引張挙げられ、用いられた粘土の濃度に従って、地上から2-3フィートあるいは数百フィート浮上し、推進は磁力線に沿って働き、まるで空中のレールのような役を演じたとされる。このことは英国のドルイド僧と南アメリカのインカ人はすでに知っていたのたが、ほんの最近、物理学者が再発見しはじめた。この特別な性質のものはいわゆる「フェイFey? (レイLey / Ray)・ライン」と呼ばれている。ベン・シェリーラはまた書いている。プトレマイオス1世(プトレミー1世)によって建設されたアレクサンドリアの巨大な図書館には、閲覧者のための空飛ぶ絨毯がたくさん用意されており、図書館を訪れた人は、履き物と交換にこの絨毯を借り出すことができ、パピルスの写本が収められた棚の間を前後、また上下に滑空したという。


次回は3/19

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-23

たった1枚を除いて、すべてを。ベン・シェリーラは書いている。死の床に伏せた偉大なカーンは、死後の天国への旅のために、最も美しい1枚を彼と共に埋葬するよう命じた、と。それで、彼の将軍たちはモンゴルの秘密の山の襞に安らげるため彼を横たえたとき、天国への乗り物を彼のそばに残した。血のように赤い絨毯で、ボーダーは火炎のような黄色、中央に黒いバラが置かれていたという。 初版/Australian liter

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-22

物語はほぼここらで終結する。1226年、ジンギス・カーンは中央アジアの都市のほとんどを蹂躙した。住民は虐殺され、財宝は略奪された。ヘラート、バルフ、ブハーラーの外部には頭蓋骨の塔が築かれ、あまりにも広大な辺境の地に死臭が漂い、職人たちの頭蓋骨もその中に含まれていた。戦利品の中に、モンゴル人は空飛ぶ絨毯も見出した。一人の囚人がこれらの仕掛けが大草原の馬よりも俊敏であると語った(もしそうであってもモン

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-21

彼は腰巻を身に付け、眼は輝く緑であった。鷲が彼の横を飛び交い、彼は狂ったように笑っていた。女性たちはこの突然現れた自分たちに頭を向けた男を見た。そして彼が腰巻を取り外し驚愕する顔面に放尿し始めると、恐怖のあまり凍り付いてしまった。 この男はサマルカンドの宮廷付き数学者キャリーム・ベグ・イスファハーニーであった。グルジアの女性に裏切られ、醗酵した葡萄のゴブレットを飲み干し、発狂したのである。この出来

Comments


bottom of page