top of page

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-10

更新日:3月24日

空飛ぶ絨毯は2つの理由で、イスラームの国土からは阻まれたとされる。表向きの説明としては、人は飛ぶような存在ではなく、空飛ぶ絨毯はものの道理として神をも冒涜するものであるという熱狂的な聖職者によって熱心に広められた反論である。2番目の理由としては、経済的なことであった。帝国にとっては、標準的な運搬手段としての馬や駱駝の飼育は必要不可欠であった。その理由は、歴代の支配者の奥部屋へと参入したあるアラブの一族が、毎年軍隊や商人、無産階級のために何十万頭もの馬を飼育しており、広大な種馬飼育場を所有することによって、大きな利益を上げ、裕福な暮らしを営んでいたことによる。駱駝に関しても同様であった。あるエジプトの政界実力者たち(ベン・シェリーラは具体的にハティミー家、ザヒーディー家、アブー・ハニーファ2世の子孫と列挙している)が駱駝牧場を所有し、イスラーム定刻全体に駱駝を供給する独占権を謳歌していた。これらの旧家が、空飛ぶ絨毯を普及させることにより自分たちの市場をともすれば打ち壊しかねない貧しい職人の小さなグループによって特権を奪われることを望むはずもない。このような理由から、空飛ぶ絨毯の職人たちは、彼らによって虐待されたのである。


次回3/22

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-23

たった1枚を除いて、すべてを。ベン・シェリーラは書いている。死の床に伏せた偉大なカーンは、死後の天国への旅のために、最も美しい1枚を彼と共に埋葬するよう命じた、と。それで、彼の将軍たちはモンゴルの秘密の山の襞に安らげるため彼を横たえたとき、天国への乗り物を彼のそばに残した。血のように赤い絨毯で、ボーダーは火炎のような黄色、中央に黒いバラが置かれていたという。 初版/Australian liter

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-22

物語はほぼここらで終結する。1226年、ジンギス・カーンは中央アジアの都市のほとんどを蹂躙した。住民は虐殺され、財宝は略奪された。ヘラート、バルフ、ブハーラーの外部には頭蓋骨の塔が築かれ、あまりにも広大な辺境の地に死臭が漂い、職人たちの頭蓋骨もその中に含まれていた。戦利品の中に、モンゴル人は空飛ぶ絨毯も見出した。一人の囚人がこれらの仕掛けが大草原の馬よりも俊敏であると語った(もしそうであってもモン

空飛ぶ絨毯に秘められた歴史-21

彼は腰巻を身に付け、眼は輝く緑であった。鷲が彼の横を飛び交い、彼は狂ったように笑っていた。女性たちはこの突然現れた自分たちに頭を向けた男を見た。そして彼が腰巻を取り外し驚愕する顔面に放尿し始めると、恐怖のあまり凍り付いてしまった。 この男はサマルカンドの宮廷付き数学者キャリーム・ベグ・イスファハーニーであった。グルジアの女性に裏切られ、醗酵した葡萄のゴブレットを飲み干し、発狂したのである。この出来

Comments


bottom of page